フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 2012年12月 | メイン | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月28日 (月)

早めの取り出し

26日に処理機に投入したホダオガマットを取り出しました。

2013_0128_084136dscn1884  こんな感じが、

2013_0128_092341dscn1889  こんな感じに、

ちょっと写真写りが悪いですが、薄力粉で白っぽかったマットが茶色に変身sign02

オオクワ系メインに使用したいので処理期間短め(発酵浅目)で取り出し、

春先まで放置(自然発酵)です。

初めての本格的自作マットはsatoshiのイメージ(直感)でチャレンジします。

今回は10Lで投入でしたが、同じレシピで15L投入しました。

オデコさんのアドバイスに有ったように、投入量の差で仕上がりに違いがでるのでしょうか?

30日まで処理機に掛け来週末結果を見てみましょう!(週末しか作業ができない・・・残念!)

蛹室を一度放棄したパラワン♀が44mmで羽化してました。

やっぱり小さかったです。coldsweats01

2013年1月26日 (土)

本命?マット作り開始!

今日、発注していたマット作り用の材料が届きました。

月〇野さんから「添加剤」「クヌギ生オガコ10L」

Dor〇us ro〇mさんからホダオガの「クヌギ100%粗目マット(自然発酵済みタイプ)」

それと近所のキ〇ン堂で「薄力粉」を購入して材料が揃いました。

「クヌギ100%粗目マット(自然発酵済みタイプ)」は「自然発酵済」と「粗目」と言うところに引かれたのですが想像していた粒子より細かい粒子でした。

自然発酵済なので余ればそのまま成虫管理マットへ使用できそうです。

「クヌギ100%粗目マット(自然発酵済みタイプ)」:10L

「添加剤」:**g

「薄力粉」:***g

で生ごみ処理機に投入です。

「クヌギ生オガコ10L」は今回は見送りです。(使用予定ナシで購入してしまいました。(笑))

発酵熱が治まれば処理機から取り出す予定です。

こんな感じで少し作り込んでみます。

クワガタに使用できるマットに仕上がってくれるか心配ですが幼虫の投入が楽しみです!good

2013年1月20日 (日)

ティティウスシロカブト

ティティウスシロカブトsign03

昨年の7月に産卵セットを組んだペアーは訳あってブリード失敗していました。crying

5月羽化の♀が一匹残っており、11月にブレッセさんで頂いた新成虫♂の後食待ちでした。

昨日、ゼリーを完食していたのを確認sign01早速産卵セットにペアーで投入sign01

♀の寿命が気になりますが何とか幼虫を採りたいですsign03

RYUPAPAさんから頂いたミヤマヒラタもセットを組んでみました。

こちらもペアーで投入です。

セット内容

ティティウス:中ケース、底に微粒子発酵マット+カブトウンコマット堅詰め、デブロPRO発酵マット

ミヤマヒラタ:小ケース、微粒子発酵マット+産卵木1本

またまたこんなものを見つけて衝動買いです。2013_0120_115730dscn1882

一袋30ケ入り100円(一個当たり3.4円)、

あれっ?いつもの箱買いの方が安いかも?・・・・・(笑)

消臭って効果あるのかな?何が消臭か解らないですが虫に良くない成分が無いと良いのですがどうでしょうか?

オオクワ以外で使ってみます。

2013年1月19日 (土)

マット処理終了?

1/12に処理機に投入した「きのこマット」を取り出しました。

7日間の投入期間でしたが、投入後から2日間ぐらいは熱いぐらいまで温度が上がり、

3日目ぐらいの確認では添加物の関係かネッチョリとした感じで心配していましたが取り出してみて乾燥気味ではありますがネッチョリ感は治まったようです。

2013_0119_084301dscn1879 こんな感じに仕上がりました。

見た目には処理前と同じように見えますが臭いは少し独特の臭いがします。

まずは幼虫が★にならないか心配ですが春先に採れた幼虫を投入します。coldsweats01


2013年1月12日 (土)

マット

オデコさんより頂いた「生ごみ処理機」で使用テストを兼ねて、

カブトムシのウ〇コを投入してウ〇コマットを作ってみました。

2013_0112_083555dscn1876

処理中は香ばしい香りがして良い感じに分解?しているって雰囲気でしたが

取り出してみると粒子も細かく上手く処理が出来ていました。

2013_0112_083619dscn1878

使用方法については素人では発想が限られているので、

カブトウ〇コマットの何か良い使用方法をオデコさんに聞いてみましょうsign02

更に本日、次のマットを処理機に投入しました。

月〇野さんの「きのこマット」に添加剤2品種。

どうなるか楽しみです。notes

2013年1月 6日 (日)

処理機

実は、昨日オデコさんよりshine「生ゴミ処理機」shineが届きました。(クワ飼育マット作成用です)

2013_0105_132938dscn1874 仮設置です。

satoshiは、ヒラタ系には菌糸よりマット飼育が向いているように感じており、飼育のヒラタ系はほとんどマット飼育をしています。

以前は月〇野さんのマットを使用していましたが、今は亀岡・K田さんのマットをメインに使用しています。

Kマットには十分満足しているのですが、マット職人のオデコさんやチッパーさんとマット談議をしていると自分マットを作ってみたくなり、オデコさんに無理を言って譲っていただきました。

試行錯誤からになりますが飼育用の自作マット作りを楽しんでいきます。(ヒラタ用&カブト用メインかな?)

オデコさん、ありがとうございました。

これからマットについていろいろと質問すると思いますのでヨロシクお願いします。sign01

2013年1月 5日 (土)

行ってきました。

新年早々行ってきました。cardash

2013_0104_121027dscn1855 2013_0104_121437dscn1857 2013_0104_120924dsc_12272013_0104_122622dsc_1252 2013_0104_122501dscn1862 2013_0104_122323dscn1861 

そうです。和歌山県串本町紀伊大島sign03

家族山隊長よりプチオフ会の連絡がありOKの返事をしていたのですが会場が

なんと!紀伊大島でした。(笑)

今回の目的は紀伊大島産のヒラタ&赤コクワsign01

2013_0104_143302dscn1867 

2013_0104_165748dscn1872 コクワ幼虫

2013_0104_135819dscn1864 2013_0104_135919dscn1866 コクワ♀ 結構赤いです。

2013_0104_145946dscn1868 いつものように現地で仕分け中!

2013_0104_150125dscn1869_2 ヒラタ幼虫の記念撮影中! 

2013_0104_172620dsc_1262 暗くなっても悪あがきの隊長&satoshisweat01

チッパーさんが見事ヒラタの幼虫を確保、隊長&satoshiはコクワを確保sign02

総確保数約70匹。good

去年の赤コクワのアウトブリード用にKライン・Cライン・Sラインでそれぞれ飼育し羽化後、

交換の予定です。

今回のプチオフ会、たっぷりと片道約4時間合計約8時間の密度の濃い情報交換できました。(笑)

隊長!プチオフ会はもう少し近場でお願いします。happy01




2013年1月 1日 (火)

2013年あけましておめでとうございます。

クワ友のみなさん、

2013年、明けましておめでとうございます。sign03

昨年に引き続き本年もヨロシクおねがいします。

今年はshine国産オオクワガタshineに拘って行きたいと思います。good